ブログ – ページ 58 – 聖書検定協会公式サイト

ブログ

わたしがあなたがたの神、主であり、あなたがたをエジプトの苦役の下から連れ出す者である

2 月24日 (水) 今日は、出エジプト記の5章から8章を読みましょう。 モーセ五書には、三つの主題があります。 この骨組みを覚えて読み進めましょう。 ①天地創造物語 ②アブラハムの子孫がなぜエジプトに行き、どのようにアブラハムの土地に帰ってきたか。③守るべきものとして与えられた律法 今日は、モーセと言う人が神に召され、不思議な10の奇跡をおこないます。 「わたしはあなたがたを取ってわたしの民とし、わたしはあなたがたの神となる。あなたがたは、わたしがあなたがたの神、主であり、あなたがたをエジプトの苦役の下から連れ出す者であることを知るようになる。」 出エジプト記6:7

わたしは、『わたしはある』という者である。

2月23日(火) 今日から、出エジプト記に入ります。1章から4章を読みましょう。 モーセ五書(創世記・出エジプト記・レビ記・民数記・申命記)は一冊の本のつもりで一気に読みましょう。 これから、エジプトから故郷のカナンに帰る一民族の旅行記と、その間に与えられた律法がいっしょに書かれています。 今日は、奴隷となってしまったイスラエルの民に、モーセと言う人が、神に召されるところです。 「神は仰せられた。『わたしはあなたとともにいる。これがあなたのためのしるしである。わたしがあなたを遣わすのだ。あなたが民をエジプトから導き出すとき、あなたがたは、この山で、神に仕えなければならない。』 モーセは神に申し上げた。「今、私はイスラエル人のところに行きます。私が彼らに『あなたがたの父祖の神が、私をあなたがたのもとに遣わされました』と言えば、彼らは、『その名は何ですか』と私に聞くでしょう。私は、何と答えたらよいのでしょうか。」 神はモーセに仰せられた。「わたしは、『わたしはある』という者である。」また仰せられた。「あなたはイスラエル人にこう告げなければならない。『わたしはあるという方が、私をあなたがたのところに遣わされた』と。」 出エジプト記3:12~14

あなたがたは、私に悪を計りましたが、神はそれを、良いことのための計らいとなさいました。

1月22日(月) 今日は創世記48章から50章を読みましょう。 今日で創世記が終わります。 ヤコブは死にましたが、墓は、祖父母、両親の墓のあるカナンを望みました。 49:29~33 そうして、ヨセフはイスラエルの子らに誓わせて、「神は必ずあなたがたを顧みてくださるから、そのとき、あなたがたは私の遺体をここから携え上ってください」と言った。 50:25 「ヨセフは彼らに言った。『恐れることはありません。どうして、私が神の代わりでしょうか。 あなたがたは、私に悪を計りましたが、神はそれを、良いことのための計らいとなさいました。それはきょうのようにして、多くの人々を生かしておくためでした。』」 創世記50:19,20 創世記が終わるに当たって、もう一度復習しておきましょう。 まずはじめに神がいました。ここから全てが始まりました。神は唯一の神です。 ↓ 人は罪を持ち、神に逆らいます。 ↓ しかし、神は人を見捨てることをせず、祝福しようと計画しました。 ↓ それを一人の信仰ある男アブラハムに語り、約束しました。 ↓ しかし、アブラハムの生きているうちには約束が果たせませんでした。 ↓ それから、長い、長い年月をかけ、イエス・キリストにおいて果たされました。 これから始まる長い救いの歴史の序文に当たるのが創世記です。

こうしてヤコブはそのすべての子孫といっしょにエジプトに来た。

2月21日(日) 今日は、創世記44章から47章を読みましょう。 ついに、ヨセフは父ヤコブ(イスラエル)をエジプトに呼び寄せました。 全ては、神のご計画であり、また神が共にいてくださいます。 「イスラエルは、彼に属するすべてのものといっしょに出発し、ベエル・シェバに来たとき、父イサクの神にいけにえをささげた。 神は、夜の幻の中でイスラエルに、「ヤコブよ、ヤコブよ」と言って呼ばれた。彼は答えた。「はい。ここにいます。」 すると仰せられた。「わたしは神、あなたの父の神である。エジプトに下ることを恐れるな。わたしはそこで、あなたを大いなる国民にするから。 わたし自身があなたといっしょにエジプトに下り、また、わたし自身が必ずあなたを再び導き上る。ヨセフの手はあなたの目を閉じてくれるであろう。」 それから、ヤコブはベエル・シェバを立った。イスラエルの子らは、ヤコブを乗せるためにパロが送った車に、父ヤコブと自分たちの子や妻を乗せ、 また彼らは家畜とカナンの地で得た財産も持って行った。こうしてヤコブはそのすべての子孫といっしょにエジプトに来た。」 創世記46:1~6

ヨセフは弟なつかしさに胸が熱くなり、

2月20日(土) 今日は、創世記40章から43章を読みましょう。 ヨセフは夢を見たり、夢を解いたりする不思議な能力を持っていました。 そのため、ヨセフはエジプト王に見込まれ、エジプトの大臣にまで登りつめるのです。 やがて、カナンにも飢饉が襲い、ヨセフの兄弟はエジプトに食料の調達に来て、 そこで劇的な再会をするのです。  「ヨセフは目を上げ、同じ母の子である弟のベニヤミンを見て言った。『これがあなたがたが私に話した末の弟か。』そして言った。『わが子よ。神があなたを恵まれるように。』 ヨセフは弟なつかしさに胸が熱くなり、泣きたくなって、急いで奥の部屋に入って行って、そこで泣いた。」 創世記43:29,30  

主がヨセフとともにおられたので

2月19日(金) 今日は、創世記36章から39章を読みましょう。 ヨセフは兄弟の中でねたまれていました。 それは父ヤコブ(イスラエル)が彼の息子たちの誰よりもヨセフを愛し、父から特別な扱いを受けていたからです。(37:3,4) 最愛の妻ラケルの子だったからでしょうか。 ヨセフは兄たちによって、エジプトに売られ、不思議な巡り合わせで、父や兄弟をエジプトに呼び寄せます。 「なぜエジプトを脱出したか(出エジプト)」という物語に入る前に、「なぜエジプトに行ったか」が書いてあります。 「主がヨセフとともにおられたので、彼は幸運な人となり、そのエジプト人の主人の家にいた。 彼の主人は、主が彼とともにおられ、主が彼のすることすべてを成功させてくださるのを見た。」 創世記39:2,3

私はあなたを去らせません。私を祝福してくださらなければ。

2月18日(木) 今日は、創世記32章から35章を読みましょう。 ヤコブはずるく、性格的にも問題がありました。 しかし、ヤコブの良いところは、神を信じ、神の祝福を必死で求めました。 名前をイスラエルと改めるように言われました。 (「エル」は神、「イスラ」は争うという意味で、必死に神にすがるということでしょうか) 彼の12名の子供達は「イスラエルの子供達」と言われ、やがて、その子孫がイスラエルの民と呼ばれるようになりました。 「ヤコブはひとりだけ、あとに残った。すると、ある人が夜明けまで彼と格闘した。 ところが、その人は、ヤコブに勝てないのを見てとって、ヤコブのもものつがいを打ったので、その人と格闘しているうちに、ヤコブのもものつがいがはずれた。 するとその人は言った。『わたしを去らせよ。夜が明けるから。』しかし、ヤコブは答えた。『私はあなたを去らせません。私を祝福してくださらなければ。』 その人は言った。『あなたの名は何というのか。』彼は答えた。『ヤコブです。』 その人は言った。『あなたの名は、もうヤコブとは呼ばれない。イスラエルだ。あなたは神と戦い、人と戦って、勝ったからだ。』」 創世記32章24~28

ヤコブは自分が枕にした石を取り、それを石の柱として立て、その上に油をそそいだ。

2月17日 (水) さて、今日から8週目に入ります。 今日は、創世記28章から31章を読みましょう。 ヤコブは不正な方法で「祝福」を受けてしまいました。 だまし、だまされ、愛し、働き、ヤコブは複雑な性格を持った世俗的な人でした。 四人の女性を妻にすることは、今の時代には考えられませんが、紀元前1800年頃の話です。(日本では縄文時代) ここに11名の子供が生まれました。後に一人産まれ、12名の子供が生まれました。妻も子供も財産と考えられていた時代です。 「ヤコブは眠りからさめて、『まことに主がこの所におられるのに、私はそれを知らなかった』と言った。 彼は恐れおののいて、また言った。『この場所は、なんとおそれおおいことだろう。こここそ神の家にほかならない。ここは天の門だ。』 翌朝早く、ヤコブは自分が枕にした石を取り、それを石の柱として立て、その上に油をそそいだ。」 創世記28:16~18

わたしはあなたの父アブラハムの神である。

2月16日(火) コロナ禍に加え、地震や大雨など、災害が続きます。 心よりお見舞い申し上げます。 主による癒しが成されますようお祈りいたします。 今日は、創世記25章から27章を読みましょう。 アブラハムとその子たちが住み着いたところは、旧約聖書では、カナンの地(今のエルサレム付近のパレスチナ)と呼ばれているところです。 イサクの異母兄弟イシュマエルは、今のアラブの祖となったと言われますが、正確には多人種の混血であることは言うまでもありません。 旧約聖書は、子どもの中から一人だけにしぼって、「救い(祝福)の歴史」を継続させていきます。 「主はその夜、彼に現れて仰せられた。 『わたしはあなたの父アブラハムの神である。 恐れてはならない。 わたしがあなたとともにいる。 わたしはあなたを祝福し、あなたの子孫を増し加えよう。 わたしのしもべアブラハムのゆえに。』」 創世記26:24

あなたの子孫を、空の星、海辺の砂のように数多く増し加えよう。

2月15日(月) 13日深夜に福島県と宮城県で震度6強を記録した地震ではお見舞いを申し上げます。 ここ築地でも、かなり長い間揺れが続き、ビルの軋む音がさらに恐ろしさを増しました。 まだ暫く同等の地震が続くかも知れないということです。 どうぞお気をつけてください。 主が共にいてくださり、守っていただけますようにお祈りいたします。 さて、今日は、創世記21章から24章を読みましょう。 24章は少々長いですが、「世界で最も美しい結婚物語」ですので、楽しく読めると思います。 さて、創世記の後半は、アブラハムの子イサクと孫のヤコブの物語です。 ヤコブ(イスラエル)とその子たちが、なぜエジプトに行くことになったかということが書いてあります。 人は罪人ですが、誠実な神は、アブラハムに対して立てられた「祝福の約束」を果たそうとします。 「わたしは確かにあなたを大いに祝福し、あなたの子孫を、空の星、海辺の砂のように数多く増し加えよう。そしてあなたの子孫は、その敵の門を勝ち取るであろう。 あなたの子孫によって、地のすべての国々は祝福を受けるようになる。あなたがわたしの声に聞き従ったからである。」 創世記22:17,18