ブログ – ページ 10 – 聖書検定協会公式サイト

ブログ

金銭を愛する者は金銭に満足しない。

6月30日(火) 今日から7月です。もう今年も半分が過ぎましたね。 西日本では「線状降水帯」が発生して強い雨が降り続いています。 皆様のご無事をお祈りいたします。 今日は詩編2篇と伝道者の書(コヘレトの言葉)4~6章を読みましょう。 伝道者(コヘレト)とはヘブル語で、「会衆の指導者」と言うような意味です。 日本語に訳すためのぴったりした言葉が見つけにくい言葉です。あえて意訳すれば「先生の教え」、 あるいは「人生の先生の教え」とでも言えるでしょうか。知恵文学の一つです。 「金銭を愛する者は金銭に満足しない。富を愛する者は収益に満足しない。これもまた、むなしい。」 (コヘ5:10)

日の下で、どんなに労苦しても、それが人に何の益になろう。

6月29日(月) 聖書通読27週目 さて、今日から詩編(詩篇)を毎日1章づつ読みましょう。今日は詩編1篇です。 唯一の偉大な創造者であり、かつ愛と正義と情熱を持った神を信じ、信頼し、さらにこの神に人生と生命(命)を委ねて生きていく時、人の心や精神は神を熱烈に慕い、全身全霊をもって大声で、心の底から声を発して「バンザーイ」と叫びたくなるのではないでしょうか。これらの唯一の神への信仰が高まって、神への叫び、訴えが歌となって出てきたのが詩編です。 神への叫び、それは祈りです。ですから詩編は「祈り集」です。 私たちにとって、詩編は良い祈りの参考書となりますので大いに参考にしましょう。 そして、今日からは伝道者の書(コヘレトの言葉)を読みます。 今日は伝道者の書(コヘレトの言葉)1~3章を読みましょう。 心身が疲れているときにこの書を読むと余計に気持ちが落ち込んでしまいそうな内容の書です。人生は虚しいと言うことが書いてあります。 「日の下で、どんなに労苦しても、それが人に何の益になろう。」 (コヘ1:3)

見なさい。ここにソロモンよりもまさった者がいるのです。

6月28日(日) 今日で箴言も終わりです。 箴言の29~31章を読みましょう。 イエス・キリストは、ソロモンに勝る知恵を持った御方です。ですから、イエス・キリストの御教えに従って歩む時、人は最も賢く歩むことができます。これこそが人生の究極の成功の知恵です。そのイエス・キリストは、「神を愛し、隣人を愛すること」(マタイ22:34~40)を、最も大切なことと教えられました。 これは箴言の教えを一言でまとめたような言葉です。 「南の女王が、さばきのときに、今の時代の人々とともに立って、この人々を罪に定めます。なぜなら、彼女はソロモンの知恵を聞くために地の果てから来たからです。しかし、見なさい。ここにソロモンよりもまさった者がいるのです。」 (マタイ12:42)

正義は国を高め、罪は国民をはずかしめる。

6月27日(土) 今日は、箴言の26~28章を読みましょう。 【社会生活について】 老人を大切にし、若者にチャンスを与え、正しいものがかえりみられる社会が、結局私たち一人一人の幸せに通じます。 「正義は国を高め、罪は国民をはずかしめる。」 (箴言14:34) 「若い男の光栄は彼らの力。年寄りの飾りはそのしらが。」 (箴言20:29)

知恵のある女は自分の家を建て、愚かな女は自分の手でこれをこわす。

6月26日(金) 今日は、箴言の23~25章を読みましょう。 【男女の問題について】 これは男性に対する教えです。淫らな女性に気をつけ、しっかりとした女性を求めるように。 「私が私の家の窓の格子窓から見おろして、わきまえのない者たちを見ていると、若者のうちに、思慮に欠けたひとりの若い者のいるのを認めた。彼は女の家への曲がりかどに近い通りを過ぎ行き、女の家のほうに歩いて行った。それは、たそがれの、日の沈むころ、夜がふける、暗やみのころだった。すると、遊女の装いをした心にたくらみのある女が彼を迎えた。」 (箴言7:6~10) 「女はくどき続けて彼を惑わし、へつらいのくちびるで彼をいざなう。彼はほふり場に引かれる牛のように、愚か者を懲らしめるための足かせのように、ただちに女につき従い、ついには、矢が肝を射通し、鳥がわなに飛び込むように、自分のいのちがかかっているのを知らない。」 (箴言7:21~23) これは女性に対する教えです。家庭を大切にすることが人生の成功に通じます。男女ともに堅実な教訓を与えていると思います。 「知恵のある女は自分の家を建て、愚かな女は自分の手でこれをこわす。」 (箴言14:1)

人の心には多くの計画がある。しかし主のはかりごとだけが成る。

6月26日(木) 今日は、箴言の19~22章を読みましょう。 【人生の問題について】 人生にはいくつもの大きな選択の時があります。何が神のみ心であるか祈って決断します。あとは神の導きに信頼して、人の考えでは失敗に思えることがあっても、なお主を信頼して歩むことが大切だと教えています。 「神と人との前に好意と聡明を得よ。心を尽くして主に拠り頼め。自分の悟りにたよるな。」 (箴言3:4,5) 「力の限り、見張って、あなたの心を見守れ。いのちの泉はこれからわく。」 (箴言4:23) 「人の心には多くの計画がある。しかし主のはかりごとだけが成る。」 (箴言19:21)

あなたの水ためから、水を飲め。

6月24日(水) 今日は、箴言の15~18章を読みましょう。 【仕事に成功するために】 決して不正の利を求めず、正しい仕事をするとき、成功します。 「主は、よこしまな者を忌みきらい、直ぐな者と親しくされるからだ。」 (箴言3:32) 「自分のそむきの罪を隠す者は成功しない。それを告白して、それを捨てる者はあわれみを受ける。」 (箴言28:13) 勤勉であることが成功の秘訣であることは、昔も今も変わりません。 「あなたの水ためから、水を飲め。豊かな水をあなたの井戸から。」 (箴言5:15) 「無精者の手は人を貧乏にし、勤勉な者の手は人を富ます。」 (箴言10:4) 「勤勉な人の計画は利益をもたらし、すべてあわてる者は欠損を招くだけだ。」 (箴言21:5)

正しい者は若葉のように芽を出す。

6月23日(火) 今日は、箴言の11~14章を読みましょう。 【金銭について】 勤勉に働いてお金を稼ぐことは大切ですし、 お金を儲けることを決して悪いことだと言っているわけではありません。 神に信頼することを忘れるとどうしてもお金を頼りにすることになります。 いくら貯めると安心でしょうか。信頼を宝とすることを教えています。 「自分の富に拠り頼む者は倒れる。しかし正しい者は若葉のように芽を出す。」 (箴言11:28) 「正義によって得たわずかなものは、不正によって得た多くの収穫にまさる。」 (箴言16:8) 「富を得ようと苦労してはならない。自分の悟りによって、これをやめよ。」 (箴言23:4)

友はどんなときにも愛するものだ

6月22日(月) 今日から聖書通読は第26週に入ります。 一年は52週ですので、ナント!ちょうど半分に差し掛かりました。 素晴らしいですね。 そして今週は、ずっと箴言を読みましょう。 箴言漬けです。 テーマ別に箴言を取り上げてみますので、参考にして下さい。 昨日の続きで 【対人関係で成功するための知恵】 ●友を大切にすることが対人関係の一つの知恵です。 「友はどんなときにも愛するものだ。兄弟は苦しみを分け合うために生まれる。」 (箴言17:17) 「あなたは隣人と争っても、他人の秘密を漏らしてはならない。」 (箴言25:9) 「あなたの友、あなたの父の友を捨てるな。あなたが災難に会うとき、兄弟の家に行くな。近くにいる隣人は、遠くにいる兄弟にまさる。」 (箴言27:10) ●高慢にならないことが対人関係に大切です。 「愚かなはかりごとは罪だ。あざける者は人に忌みきらわれる。」 (箴言24:9) 「怒る者は争いを引き起こし、憤る者は多くのそむきの罪を犯す。 人の高ぶりはその人を低くし、心の低い人は誉れをつかむ。」 (箴言29:22,23)

対人関係で成功するための知恵

6月21日(日) 今日は、箴言の4~6章を読みましょう。 章を超えて、教えや知恵をまとめてみました。 【対人関係で成功するための知恵】 「あなたに悪いしうちをしていないのなら、理由もなく、人と争うな。」(箴言3:30) 「あざける者を戒める者は、自分が恥を受け、悪者を責める者は、自分が傷を受ける。」(箴言9:7) 「軽率に話して人を剣で刺すような者がいる。しかし知恵のある人の舌は人をいやす。」(箴言12:18)