ブログ – ページ 224 – 聖書検定協会公式サイト

ブログ

子どものように、自分を低くする者が、 天の御国で一番偉い人です。

1月9日、学生さんはいよいよ三学期が始まりますね。 どうか、主の愛と、恵みと、慈しみで守られますように! 今日は、マタイ福音書17章、18章を読みましょう。 「まことに、あなたがたに告げます。 あなたがたも悔い改めて子どもたちのようにならない限り、 決して天の御国には、はいれません。 だから、この子どものように、自分を低くする者が、 天の御国で一番偉い人です。」 18:3~4 心掛けたいですね。 「あなたがたのうちふたりが、どんな事でも、 地上で心を一つにして祈るなら、 天におられるわたしの父は、それをかなえてくださいます。 ふたりでも三人でも、わたしの名において集まる所には、 わたしもその中にいるからです。」18:19~20 アーメン

あなたは、生ける神の御子キリストです。

1月8日、成人の日おめでとうございます。 今日は、マタイ福音書15章、16章を読みましょう。 イエス・キリストは、その教えや、行ったことを通して、 神がどのような御方であるかを示されました。 これが、イエス・キリストの目的でした。 「イエス・キリストを知った者は、神を知った者である」と言えます。 しかし、イエス様はご自分の死と復活について3度に渡って予告し、 大変こだわりました。(マタイ16:21~28,17:22~23,20:17~19) なぜでしょうか。 そこにイエス様の目的があるようです。 読み進めていきましょうね。 「あなたは、生ける神の御子キリストです。」マタイ16:16  

確かにあなたは神の子です

今日は1月7日、日曜日です。 今日は、マタイ福音書13章、14章を読みましょう。 イエス様は、人々を教えるときに、 たとえ話を多く用いて教えています。 13章では、なぜ、たとえ話で話すのかも説明されていますね。 「種蒔きのたとえ」や「からし種とパン種」、「バプテスマのヨハネの死」 「五千人の給食」、「湖上を歩く」など他にも多くの出来事は マルコ福音書、ルカ福音書にも登場します。 それらの教え、癒し、奇跡を通して、 弟子たちの信仰は成長していきます。 「確かにあなたは神の子です」マタイ14:33

すべて、疲れた人、重荷を負っている人は、わたしのところに来なさい。わたしがあなたがたを休ませてあげます。

1月6日になりました。ちょっと冷えてきましたね。 今日は、マタイ福音書11章、12章を読みましょう。 イエス様が、大勢の病人をいやすのを見て、 ユダヤ教パリサイ派の人々がやっかんで、 イエス様のことを悪く言い始めます。 イエス様は断固として、「正しいこと」を伝えていきます。 「すべて、疲れた人、重荷を負っている人は、わたしのところに来なさい。 わたしがあなたがたを休ませてあげます。 わたしは心優しく、へりくだっているから、 あなたがたもわたしのくびきを負って、わたしから学びなさい。 そうすればたましいに安らぎが来ます。 わたしのくびきは負いやすく、わたしの荷は軽いからです。」 11:28-30

医者を必要とするのは丈夫な者ではなく、病人です。

今日、1月5日は、マタイ福音書9章、10章を読みましょう。 すごいですね、もう10章も読み進めましたよ! イエス様は、大勢の病人を癒しました。 マタイ福音書の約1割余は、イエス・キリストが病人を癒したことが書かれています。 これらはイエス様が神の性質を持ったお方であることを証明しています。 「医者を必要とするのは丈夫な者ではなく、病人です。」9:12 「新しいぶどう酒を新しい皮袋に入れれば、両方とも保ちます。」9:17 「お着物にさわることでもできれば、きっと直る。」9:21 「娘よ。しっかりしなさい。あなたの信仰があなたを直したのです。」9:22

彼が私たちのわずらいを身に引き受け、私たちの病を背負った。

1月4日、仕事始めの方もおられますね。 どうか、聖書のみことばも、まとってお出かけください。 さて、今日はマタイ福音書7章、8章を読みましょう。 イエス様のわずか三年間の公生涯は、 ガリラヤ地方の巡回やユダヤ地方への旅行に明け暮れ、 夜になって宿泊する場所を見つけるのにも苦労しました。 非常に厳しい伝道生活の日々だったのですね。   「彼が私たちのわずらいを身に引き受け、私たちの病を背負った。」8:17 「狐には穴があり、空の鳥には巣があるが、人の子には枕する所もありません。」8:20

自分の敵を愛し、迫害する者のために祈りなさい。

今日は通読3日目! 1月3日はマタイ福音書5章、6章を読みましょう。 イエス・キリストは色々な機会を見つけては、 人々を教えて回りました。 それは一人の人間としてではなく、 あたかも神が教えているように、 権威をもって教えました。 「自分の敵を愛し、迫害する者のために祈りなさい。」5:44

悔い改めなさい。天の御国が近づいたから。

良いお正月を過ごされたでしょうか。 さて、今日、1月2日はマタイ3章と4章を読みましょう。 イエス・キリストは成人してから(30歳頃)、 ある目的のために働き始めました。 「すべての正しいことを実行する」(3:15)ために、 イエスは宗教的な活動を始めました。

この方こそ、ご自分の民をその罪から救ってくださる方です。

Happy New Year 2018

さて、今日から聖書通読をしていきましょう。 今日はマタイ福音書1章と2章を読みましょう。 聖書はイエス・キリストのみが、本当の神をあらわしていると教えています。 イエス・キリストはどんなお方だったのでしょう。 ★1:1~17 アブラハムの子孫、ダビデの子孫、イエス・キリストの系図 ★1:18~25 イエス・キリストは神でした。 出生が、聖霊、すなわち、神の直接の働きによって起こりました。 ★2:1 イエス・キリストは人でした。 神であり、同時に、私たちと全く同じ姿をした、ひとりの人間でした。 ★2:19~23 へんぴなガリラヤ地方のナザレ町で、イエス・キリストは成長しました。  

明日からの聖書通読

明日から、いよいよ聖書通読を始めます。 この1週間はマタイの福音書1章から12章を読みます。 それでは、また明日!