ブログ – ページ 5 – 聖書検定協会公式サイト

ブログ

この者どもは小羊と戦いますが、小羊は彼らに打ち勝ちます。なぜならば、小羊は主の主、王の王だからです。また彼とともにいる者たちは、召された者、選ばれた者、忠実な者だからです。

12月27日(火) 今日はヨハネの黙示録17章、18章を読みましょう。 【バビロン(ローマ)の滅亡】黙17:1~3 淫らな一人の女は、クリスチャンを迫害しているローマ帝国と考えられます。 終末の一場面と考えられます。 [また、七つの鉢を持つ七人の御使いのひとりが来て、私に話して、こう言った。「ここに来なさい。大水の上にすわっている大淫婦へのさばきを見せましょう。地の王たちは、この女と不品行を行ない、地に住む人々も、この女の不品行のぶどう酒に酔ったのです。」それから、御使いは、御霊に感じた私を荒野に連れて行った。すると私は、ひとりの女が緋色の獣に乗っているのを見た。その獣は神をけがす名で満ちており、七つの頭と十本の角を持っていた。] (黙17:1~3) [この者どもは小羊と戦いますが、小羊は彼らに打ち勝ちます。なぜならば、小羊は主の主、王の王だからです。また彼とともにいる者たちは、召された者、選ばれた者、忠実な者だからです。」] (黙17:14) 【天上のハレルヤ合唱とキリストの来臨】黙19:6、11~16 白馬の騎手は、キリストです。ついにキリストが再臨されます。 [また、私は大群衆の声、大水の音、激しい雷鳴のようなものが、こう言うのを聞いた。「ハレルヤ。万物の支配者である、われらの神である主は王となられた。私たちは喜び楽しみ、神をほめたたえよう。小羊の婚姻の時が来て、花嫁はその用意ができたのだから。花嫁は、光り輝く、きよい麻布の衣を着ることを許された。その麻布とは、聖徒たちの正しい行ないである。」] (黙19:6~8) 「また、私は大群衆の声、大水の音、激しい雷鳴のようなものが、こう言うのを聞いた。『ハレルヤ。万物の支配者である、われらの神である主は王となられた。私たちは喜び楽しみ、神をほめたたえよう。小羊の婚姻の時が来て、花嫁はその用意ができたのだから。花嫁は、光り輝く、きよい麻布の衣を着ることを許された。その麻布とは、聖徒たちの正しい行ないである。』」 (黙19:6~8) 「また、私は開かれた天を見た。見よ。白い馬がいる。それに乗った方は、『忠実また真実。』と呼ばれる方であり、義をもってさばきをし、戦いをされる。その目は燃える炎であり、その頭には多くの王冠があって、ご自身のほかだれも知らない名が書かれていた。その方は血に染まった衣を着ていて、その名は『神のことば』と呼ばれた。天にある軍勢はまっ白な、きよい麻布を着て、白い馬に乗って彼につき従った。この方の口からは諸国の民を打つために、鋭い剣が出ていた。この方は、鉄の杖をもって彼らを牧される。この方はまた、万物の支配者である神の激しい怒りの酒ぶねを踏まれる。その着物にも、ももにも、『王の王、主の主。』という名が書かれていた。」 (黙11~16)

こうして彼らは、ヘブル語でハルマゲドンと呼ばれる所に王たちを集めた。

12月26日(月) 今日はヨハネの黙示録15~16章を読みましょう。 聖書通読も最後の週になりました。 素晴らしいですね! 【七つの鉢の幻】黙16:1~3 悪魔の働く地上は、神のさばきを受けます。これでもか、これでもかと次々に起こります。悪魔は「ハルマゲドン」という所に集結します。ついに終末が来そうです。(しかし、まだ来ませんが) [そこで、第一の御使いが出て行き、鉢を地に向けてぶちまけた。すると、獣の刻印を受けている人々と、獣の像を拝む人々に、ひどい悪性のはれものができた。また、私は、大きな声が聖所から出て、七人の御使いに言うのを聞いた。「行って、神の激しい怒りの七つの鉢を、地に向けてぶちまけよ。」第二の御使いが鉢を海にぶちまけた。すると、海は死者の血のような血になった。海の中のいのちのあるものは、みな死んだ。] (黙16:1~3) [こうして彼らは、ヘブル語でハルマゲドンと呼ばれる所に王たちを集めた。] (黙16:16)

また私は見た。見よ。小羊がシオンの山の上に立っていた。また小羊とともに十四万四千人の人たちがいて、その額には小羊の名と、小羊の父の名とがしるしてあった。

12月25日(日) 「きょうダビデの町で、あなたがたのために、救い主がお生まれになりました。」 この方こそ主キリストです。」ルカ  2:11 救い主のご降誕をお祝いします。 今年は日曜日がクリスマスですね。 クリスマス礼拝ハレルヤです。 今日はヨハネの黙示録14章を読みましょう。 【144,000人の歌】黙14:1~3 地上でどんなに厳しい迫害があろうとも、キリストを信じる者たちは、天上の勝利が約束されています。 [また私は見た。見よ。小羊がシオンの山の上に立っていた。また小羊とともに十四万四千人の人たちがいて、その額には小羊の名と、小羊の父の名とがしるしてあった。私は天からの声を聞いた。大水の音のようで、また、激しい雷鳴のようであった。また、私の聞いたその声は、立琴をひく人々が立琴をかき鳴らしている音のようでもあった。彼らは、御座の前と、四つの生き物および長老たちの前とで、新しい歌を歌った。しかし地上から贖われた十四万四千人のほかには、だれもこの歌を学ぶことができなかった。] (黙14:1~3)

Merry Christmas and Happy New Year.

「今日ダビデの町で、あなたがたのために、救い主がお生まれになりました。この方こそ主キリストです。」ルカ 2:11 救い主のご降誕をお祝いします。 また、来たる新年が素晴らしい希望に溢れた年でありますようお祈りいたします。 みなさま、良いクリスマスをお迎えのことと存じます。 今年も聖書検定でたくさんの学びをしていただきありがとうございました。 先日のサッカーワールドカップで優勝したアルゼンチンのメッシ選手に、子ども達が「一生懸命練習したからサッカーが上手くなったの?」と質問していました。 メッシ選手は「練習も勿論だけど、何よりサッカーを楽しむことだよ。」と答えていました。上達の秘訣は楽しむこと。 私たちも聖書を楽しんで参りましょう! 今年は、聖書検定ヘブライ語もキックオフし、旧新揃い踏みとなりました。 また、今年より、第1級聖書検定試験は指定期間にご自宅等で受検できるようになり、 たくさんの方に受検いただきありがとうございました。 只今、合格者のコメントを募集中で、来年1月末にはメルマガ等でお読みいただけると思います。 世界は戦争や、コロナ、経済的な不安など、不確実な時代に無力感を感じるかもしれませんが、世の中の状況がどうであれ、私たちの必要を全て満たしてくださる主イエス・キリストの栄光の富を見上げてまいりましょう。(ピリピ4:19) #聖書検定 https://seisho-kentei.com/

巨大なしるしが天に現われた。ひとりの女が太陽を着て、月を足の下に踏み、頭には十二の星の冠をかぶっていた。

12月24日(木) メリークリスマスイブ! 皆さんの教会でもイエス様のお誕生前夜を賑やかにお祝いしていることでしょう!   今日はヨハネの黙示録12章と13章を読みましょう。 サタンが教会を迫害します。(黙12:1,2) 太陽をまとった女は教会で、生まれた子はキリストを指していると考えられます。悪魔は、天井で戦いに敗れ地上に落とされ、クリスチャンに向かってゆきます。 「また、巨大なしるしが天に現われた。ひとりの女が太陽を着て、月を足の下に踏み、頭には十二の星の冠をかぶっていた。 この女は、みごもっていたが、産みの苦しみと痛みのために、叫び声をあげた。」 (黙12:1,2) サタンは二匹の獣を派遣してクリスチャンを迫害させ、皇帝礼拝を強要させます。 この幻は現在のヨハネの時代のことを言ってるのかもしれません。 [また私は見た。海から一匹の獣が上って来た。これには十本の角と七つの頭とがあった。その角には十の冠があり、その頭には神をけがす名があった。私の見たその獣は、ひょうに似ており、足は熊の足のようで、口はししの口のようであった。竜はこの獣に、自分の力と位と大きな権威とを与えた。] (黙13:1,2) [とりこになるべき者は、とりこにされて行く。剣で殺す者は、自分も剣で殺されなければならない。ここに聖徒の忍耐と信仰がある。] (黙13:10) [この獣は、最初の獣が持っているすべての権威をその獣の前で働かせた。また、地と地に住む人々に、致命的な傷の直った最初の獣を拝ませた。また、人々の前で、火を天から地に降らせるような大きなしるしを行なった。] (黙13:12,13)

それから、天にある、神の神殿が開かれた。神殿の中に、契約の箱が見えた。また、いなずま、声、雷鳴、地震が起こり、大きな雹が降った。

12月23日(金) 今日はヨハネの黙示録11章を読みましょう。 「第七の御使いがラッパを吹き鳴らした。すると、天に大きな声々が起こって言った。 『この世の国は私たちの主およびそのキリストのものとなった。主は永遠に支配される。』 それから、神の御前で自分たちの座に着いている二十四人の長老たちも、地にひれ伏し、神を礼拝して、言った。 『万物の支配者、常にいまし、昔います神である主。あなたが、その偉大な力を働かせて、王となられたことを感謝します。 諸国の民は怒りました。しかし、あなたの御怒りの日が来ました。 死者のさばかれる時、あなたのしもべである預言者たち、聖徒たち、 また小さい者も大きい者もすべてあなたの御名を恐れかしこむ者たちに報いの与えられる時、 地を滅ぼす者どもの滅ぼされる時です。』 それから、天にある、神の神殿が開かれた。 神殿の中に、契約の箱が見えた。 また、いなずま、声、雷鳴、地震が起こり、大きな雹が降った。」 黙11:15~19

その頭上には虹があって、その顔は太陽のようであり、その足は火の柱のようであった。

12月22日(木) 今日はヨハネの黙示録9~10章を読みましょう。 [また私は、もうひとりの強い御使いが、雲に包まれて、天から降りて来るのを見た。その頭上には虹があって、その顔は太陽のようであり、その足は火の柱のようであった。その手には開かれた小さな巻き物を持ち、右足は海の上に、左足は地の上に置き、ししがほえるときのように大声で叫んだ。彼が叫んだとき、七つの雷がおのおの声を出した。七つの雷が語ったとき、私は書き留めようとした。すると、天から声があって、「七つの雷が言ったことは封じて、書きしるすな。」と言うのを聞いた。] 黙10:1~4

小羊が第七の封印を解いたとき、天に半時間ばかり静けさがあった。

12月21日(水) 今日はヨハネの黙示録7~8章を読みましょう。 〔七つのラッパ〕黙58:1,2 天使がラッパをふくと、天地に大災害などが起きる幻が現れました。それでも悪い人々は悔い改めません。 「小羊が第七の封印を解いたとき、天に半時間ばかり静けさがあった。 それから私は、神の御前に立つ七人の御使いを見た。彼らに七つのラッパが与えられた。」

「泣いてはいけない。見なさい。ユダ族から出たしし、ダビデの根が勝利を得たので、その巻き物を開いて、七つの封印を解くことができます。」

12月20日(火) 今日はヨハネの黙示録5~6章を読みましょう。 〔小羊(キリスト)が巻物を開けてくださる。〕黙5:1 巻物を開けて出てきた幻は、恐ろしい地上の出来事でした。人類の歴史には確かにこのような出来事がありました。 「また、私は、御座にすわっておられる方の右の手に巻き物があるのを見た。 それは内側にも外側にも文字が書きしるされ、七つの封印で封じられていた。」 黙5:1 「すると、長老のひとりが、私に言った。 『泣いてはいけない。見なさい。ユダ族から出たしし、ダビデの根が勝利を得たので、 その巻き物を開いて、七つの封印を解くことができます。』」 黙5:5

「ここに上れ。この後、必ず起こる事をあなたに示そう。」

12月19日(月) 今日はヨハネの黙示録4章を読みましょう。 〔天井の礼拝をまず見せてもらいます。〕黙4:1~6 天井の様子がこのように描写されています。聖書の中でも最も美しいところではないでしょうか。 「その後、私は見た。見よ。天に一つの開いた門があった。 また、先にラッパのような声で私に呼びかけるのが聞こえたあの初めの声が言った。 「ここに上れ。この後、必ず起こる事をあなたに示そう。」たちまち私は御霊に感じた。 すると見よ。天に一つの御座があり、その御座に着いている方があり、その方は、碧玉や赤めのうのように見え、 その御座の回りには、緑玉のように見える虹があった。また、御座の回りに二十四の座があった。 これらの座には、白い衣を着て、金の冠を頭にかぶった二十四人の長老たちがすわっていた。 御座からいなずまと声と雷鳴が起こった。七つのともしびが御座の前で燃えていた。 神の七つの御霊である。御座の前は、水晶に似たガラスの海のようであった。 御座の中央と御座の回りに、前もうしろも目で満ちた四つの生き物がいた。」