ブログ – ページ 178 – 聖書検定協会公式サイト

ブログ

主に帰せよ。

力ある者の子らよ。主に帰せよ。 栄光と力とを主に帰せよ。 御名の栄光を、主に帰せよ。 聖なる飾り物を着けて主にひれ伏せ。 詩篇29篇1,2節

私は歌をもって、主に感謝しよう。

ほむべきかな。主。 まことに主は私の願いの声を聞かれた。 主は私の力、私の盾。 私の心は主に拠り頼み、私は助けられた。 それゆえ私の心はこおどりして喜び、私は歌をもって、主に感謝しよう。 主は、彼らの力。 主は、その油そそがれた者の、救いのとりで。 詩篇28篇6~8節

主は、私の光

主は、私の光、私の救い。だれを私は恐れよう。 主は、私のいのちのとりで。だれを私はこわがろう。 詩篇27篇1節

聖歌隊と共にわたしは主をたたえます。

わたしは完全な道を歩きます。 わたしを憐れみ、贖ってください。 わたしの足はまっすぐな道に立っています。 聖歌隊と共にわたしは主をたたえます。 詩編26篇 11,12節

あなたの小道を私に教えてください。

主よ。あなたの道を私に知らせ、あなたの小道を私に教えてください。 あなたの真理のうちに私を導き、私を教えてください。 あなたこそ、私の救いの神、私は、あなたを一日中待ち望んでいるのです。 主よ。あなたのあわれみと恵みを 覚えていてください。 それらはとこしえからあったのですから。 私の若い時の罪やそむきを 覚えていないでください。 あなたの恵みによって、私を覚えていてください。 主よ。あなたのいつくしみのゆえに。 詩篇25篇4〜7節

城門よ、頭を上げよ

地とそこに満ちるもの 世界とそこに住むものは、主のもの。 主は、大海の上に地の基を置き 潮の流れの上に世界を築かれた。 城門よ、頭を上げよ とこしえの門よ、身を起こせ。栄光に輝く王が来られる。 栄光に輝く王とは誰か。万軍の主、主こそ栄光に輝く王。 詩編25篇より

主は私の羊飼い。

主は私の羊飼い。 私は、乏しいことがありません。 主は私を緑の牧場に伏させ、 いこいの水のほとりに伴われます。 主は私のたましいを生き返らせ、 御名のために、私を義の道に導かれます。 たとい、死の陰の谷を歩くことがあっても、 私はわざわいを恐れません。 あなたが私とともにおられますから。 あなたのむちとあなたの杖、それが私の慰めです。 私の敵の前で、あなたは私のために食事をととのえ、 私の頭に油をそそいでくださいます。 私の杯は、あふれています。 まことに、私のいのちの日の限り、いつくしみと 恵みとが、私を追って来るでしょう。 私は、いつまでも、主の家に住まいましょう。 詩編23篇

どうして、私をお見捨てになったのですか

わが神、わが神。 どうして、私をお見捨てになったのですか。 遠く離れて私をお救いにならないのですか。 私のうめきのことばにも。 しかし、あなたは私を母の胎から取り出した方。 母の乳房に拠り頼ませた方。 生まれる前から、私はあなたに、ゆだねられました。 母の胎内にいた時から、あなたは私の神です。 まことに、主は悩む者の悩みを さげすむことなく、いとうことなく、御顔を隠されもしなかった。 むしろ、彼が助けを叫び求めたとき、聞いてくださった。 詩篇22篇より

我らは賛美の歌をうたう

御力を表される主をあがめよ。 力ある御業をたたえて、 我らは賛美の歌をうたう。 詩編 21篇14章

我らは力に満ちて立ち上がる

戦車を誇る者もあり、馬を誇る者もあるが 我らは、我らの神、主の御名を唱える。 彼らは力を失って倒れるが 我らは力に満ちて立ち上がる。 詩編20章8,9節