オフィシャルブログ – ページ 8 – ブログ

ブログ

私たちの大祭司は、私たちの弱さに同情できない方ではありません。罪は犯されませんでしたが、すべての点で、私たちと同じように、試みに会われたのです。

11月28日(月) 今日は詩編149篇と、ヘブライ(ヘブル)人への手紙の3~4章を読みましょう。 【御子イエス·キリストは、モーセにまさっている】ヘブ3:5~6 モーセは忠実に民に奉仕しましたが、イエス·キリストはそれ以 … [Read more…]

主は、ご自身が試みを受けて苦しまれたので、試みられている者たちを助けることがおできになるのです。

11月27日(日) 今日は詩編148篇と、ヘブライ(ヘブル)人への手紙の1~2章を読みましょう。 【御子イエス・キリストは、預言者にまさっている】ヘブ1:1~3  神はかつて人間を通して語られたが、今やついに御子を通して … [Read more…]

私たちの間でキリストのためになされているすべての良い行ないをよく知ることによって、あなたの信仰の交わりが生きて働くものとなりますように。

11月26日(土) 今日は詩編147篇と、フィレモン(ピレモン)への手紙の1章を読みましょう。 この手紙は極めて個人的な手紙です。当然詳しい背景や経緯はわからないのですが、 フィレモンという人の奴隷で、ネオシモという人の … [Read more…]

私たちがキリストの恵みによって義と認められ、永遠のいのちの望みによって、相続人となるためです。

11月25日(金) 今日は、詩編146篇と、テトスへの手紙の3章を読みましょう。 「しかし、私たちの救い主なる神のいつくしみと人への愛とが現われたとき、 神は、私たちが行なった義のわざによってではなく、ご自分のあわれみの … [Read more…]

しかし、あなたは健全な教えにふさわしいことを話しなさい。

11月24日(木) 今日は、詩編145篇と、テトスへの手紙の1~2章を読みましょう。 このテトスへの手紙は、パウロの伝道によって回心したギリシャ人のテトスを励まし、 指示を与え、ニセ教師に注意するように警告するために書か … [Read more…]

聖書はすべて、神の霊感によるもので、教えと戒めと矯正と義の訓練とのために有益です。

11月23日(水) 今日は、詩編144篇と、テモテへの手紙第二の3~4章を読みましょう。 ただ伝道するように進めているだけではなく、伝道者の自覚と責任、 さらには御言葉を宣べ伝えるという「おそれ多い」勤めにたずさわってい … [Read more…]

もし私たちが、彼とともに死んだのなら、彼とともに生きるようになる。

11月22日(火) 今日は、詩編143篇と、テモテへの手紙第二の1~2章を読みましょう。 パウロはネロの迫害に遭い、再び捕らえられました。 そして、獄中で、気の弱いテモテを励ます手紙を書きました。 「次のことばは信頼すべ … [Read more…]

年寄りをしかってはいけません。むしろ、父親に対するように勧めなさい。

11月21日(月) 今日は、詩編142篇と、テモテへの手紙第一の4~6章を読みましょう。 ローマの信徒の手紙や、ガラテヤの信徒への手紙では、律法について理論的な方法で語られていますので、 少し難しく感じるかもしれませんが … [Read more…]

神の家とは生ける神の教会のことであり、その教会は、真理の柱また土台です。

11月20日(日) 今日は、詩編141篇と、テモテへの手紙第一の1~3章を読みましょう。 テモテへの二通の手紙とテトスへの手紙は、「牧会書簡」と呼ばれています。 パウロの生きた社会では、男女の差別がありました。女性は公的 … [Read more…]

どうか、主があなたがたの心を導いて、神の愛とキリストの忍耐とを持たせてくださいますように。

11月19日(土) 今日は、詩編140篇と、テサロニケの信徒への手紙第二(テサロニケ人への手紙)3章を読みましょう。 今日でテサロニケは終わりです。 希望を持って忍耐を持つように、キリストが私たちの罪に対して忍耐を持った … [Read more…]