オフィシャルブログ – ページ 7 – ブログ

ブログ

すると、天から火が降って来て、彼らを焼き尽くした。そして、彼らを惑わした悪魔は火と硫黄との池に投げ込まれた。

12月29日(金) 今日が御用納という方も多いでしょう。 1年間お疲れ様でした。 さて、今日はヨハネの黙示録20章を読みましょう。 【サタンの完全滅亡と最後の勝利】黙20:7~15 生きかえったサタンは、今後は完全に滅ぼ … [Read more…]

神をほめたたえよう。小羊の婚姻の時が来て、花嫁はその用意ができたのだから。

12月28日(木) 今日はヨハネの黙示録18~19章を読みましょう。 【天上のハレルヤ合唱とキリストの来臨】黙19:6、11~16 白馬の騎手は、キリストです。ついにキリストが再臨されます。 [また、私は大群衆の声、大水 … [Read more…]

この者どもは小羊と戦いますが、小羊は彼らに打ち勝ちます。なぜならば、小羊は主の主、王の王だからです。また彼とともにいる者たちは、召された者、選ばれた者、忠実な者だからです。

今日はヨハネの黙示録17章を読みましょう。 【バビロン(ローマ)の滅亡】黙17:1~3 淫らな一人の女は、クリスチャンを迫害しているローマ帝国と考えられます。 終末の一場面と考えられます。 [また、七つの鉢を持つ七人の御 … [Read more…]

こうして彼らは、ヘブル語でハルマゲドンと呼ばれる所に王たちを集めた。

12月26日(火) 今日はヨハネの黙示録15~16章を読みましょう。 【七つの鉢の幻】黙16:1~3 悪魔の働く地上は、神のさばきを受けます。これでもか、これでもかと次々に起こります。悪魔は「ハルマゲドン」という所に集結 … [Read more…]

また私は見た。見よ。小羊がシオンの山の上に立っていた。また小羊とともに十四万四千人の人たちがいて、その額には小羊の名と、小羊の父の名とがしるしてあった。

12月25日(月) 「きょうダビデの町で、あなたがたのために、救い主がお生まれになりました。」 この方こそ主キリストです。」ルカ  2:11 救い主のご降誕をお祝いします。 今日はヨハネの黙示録14章を読みましょう。 【 … [Read more…]

とりこになるべき者は、とりこにされて行く。剣で殺す者は、自分も剣で殺されなければならない。ここに聖徒の忍耐と信仰がある。

12月24日(日) メリークリスマスイブ! 皆さんの教会でもイエス様のお誕生前夜を賑やかにお祝いしていることでしょう! 今日はヨハネの黙示録13章を読みましょう。 サタンは二匹の獣を派遣してクリスチャンを迫害させ、皇帝礼 … [Read more…]

巨大なしるしが天に現われた。ひとりの女が太陽を着て、月を足の下に踏み、頭には十二の星の冠をかぶっていた。

12月23日(土) 聖書通読も最後の週になりました。 素晴らしいですね! 今日はヨハネの黙示録12章を読みましょう。 サタンが教会を迫害します。(黙12:1,2) 太陽をまとった女は教会で、生まれた子はキリストを指してい … [Read more…]

それから、天にある、神の神殿が開かれた。神殿の中に、契約の箱が見えた。また、いなずま、声、雷鳴、地震が起こり、大きな雹が降った

12月22日(金) 今日はヨハネの黙示録11章を読みましょう。 「第七の御使いがラッパを吹き鳴らした。すると、天に大きな声々が起こって言った。 『この世の国は私たちの主およびそのキリストのものとなった。主は永遠に支配され … [Read more…]

その頭上には虹があって、その顔は太陽のようであり、その足は火の柱のようであった。

12月21日(木) 今日はヨハネの黙示録9~10章を読みましょう。 [また私は、もうひとりの強い御使いが、雲に包まれて、天から降りて来るのを見た。その頭上には虹があって、その顔は太陽のようであり、その足は火の柱のようであ … [Read more…]