ページ 146 – ブログ

ブログ

レビ人たちは、あらゆる地域から出て来て、彼の側についた。

5月22日(水) 夏の甲子園高校野球も中止になりましたね。 致し方のない判断だったと思います。 オリンピックと言い、前例のない延期や中止。 これ程までにコロナ禍は世界を一変させてしまったのですね。 なん年後かに振り返って … [Read more…]

ソロモンが祈り終えると、火が天から下って来て、全焼のいけにえと、数々のいけにえとを焼き尽くした。そして、主の栄光がこの宮に満ちた。

5月20日(水) 今日は歴代誌下の5~8章を読みましょう。 歴代誌下6:1~9を読むと、全く同じところを以前に読んだ気がしませんか。そうです、列王記と同じところがあります。しかし、違うところもあります。矛盾しているところ … [Read more…]

主は彼とともにおられ、彼(ソロモン)を並みはずれて偉大な者とされた。

5月19日(火) 今日から、歴代誌下がはじまります。 歴代誌下は「上」の続きです。 そしてまっすぐエズラ記、ネヘミヤ記に続きます。すでに列王記で読んだことの繰り返しのような感じを受けるかもしれませんが、大きな違いがありま … [Read more…]

今、私たちの神、私たちはあなたに感謝し、あなたの栄えに満ちた御名をほめたたえます。

5月18日(月) さあ、今日で歴代誌上は最後です。26~29章を読みましょう。 29章に記されているダビデの祈りはとても力強く、また美しい祈りだと思いませんか? 唯一の全能の神をほめたたえてやまない信仰が、よく表現されて … [Read more…]

イスラエルの神、主は、御民に安息を与え、とこしえまでもエルサレムに住まわれる。

5月17日(日) 今日は、歴代誌上23~25章を読みましょう。 ここではレビ人の任務を記しています。 レビびとは、守衛、役人、裁判官などの今の政府の役割を果たしたり、聖歌隊の仕事をしました。 祭司もレビ族の一部でした。 … [Read more…]

神、主よ。私がいったい何者であり、私の家が何であるからというので、あなたはここまで私を導いてくださったのですか。

5月15日(金) 今日は、歴代誌上17~19章を読みましょう。 ナタン預言に応えるダビデ王の祈りは、 主がダビデ王をお選びくださったこと、 ダビデの家を確立してくださったこと、 エジプトから贖い出された主の力への信仰が表 … [Read more…]

エルサレムには、ユダ族、ベニヤミン族、エフライムおよびマナセ族の者が住みついた。

5月13日(水) 今日は、歴代誌上9~12章を読みましょう。 紀元前597年と586年にバビロンに捕囚として連れてゆかれた南王国ユダの人々は、その後どうなったのでしょうか。約50年後、バビロニアはペルシアに滅ぼされました … [Read more…]

彼らの同胞のレビ人は、神の宮である幕屋のあらゆる奉仕につけられた。

5月12日(火) 今日は、歴代誌上5~8章を読みましょう。 歴代詩を書いている人(編集している人)は、レビ人やユダ族に特別な関心を持っているようです。 レビ族について詳しく紹介しています。 「レビの子は、ゲルション、ケハ … [Read more…]