私はキリストとともに十字架につけられました。もはや私が生きているのではなく、キリストが私のうちに生きておられるのです。

11月3日(土) 今日は、詩編126篇と、ガラテヤ人への手紙の1~2章を読みましょう。 パウロは反対者の活動により、「ほかの福音(律法主義者の唱えている、真の福音と言えない福音)」へと動かされかれない危険にに陥っていたガ … [Read more…]

キリストの力が私をおおうために、むしろ大いに喜んで私の弱さを誇りましょう。

11月2日(金) 今日でコリントは終わります。 今日は、詩編125篇と、コリント人への手紙 第二の12~13章の最後までを読みましょう。 主から示されたこととして、パウロは弱さを誇ります。 そして結びの挨拶で終わります。 … [Read more…]

少しだけ蒔く者は、少しだけ刈り取り、豊かに蒔く者は、豊かに刈り取ります。

10月31日(水) 今日で10月も終わり。 やっとさわやかな秋空が続くようになりました。 皆様のお住いの地域はいかがですか? 今日は、詩編123篇と、コリント人への手紙 第二の7~9章を読みましょう。 7章は、「教会の悔 … [Read more…]

だれでもキリストのうちにあるなら、その人は新しく造られた者です。古いものは過ぎ去って、見よ、すべてが新しくなりました。

10月30日(火) 今日は、詩編122篇と、コリント人への手紙 第二の5~6章を読みましょう。 パウロの伝道の熱意は、迫害者であったものが救われた喜びに発しているのは言うまでもありません。そして、ここに書いているように、 … [Read more…]

私たちはみな、顔のおおいを取りのけられて、鏡のように主の栄光を反映させながら、栄光から栄光へと、主と同じかたちに姿を変えられて行きます。

10月29日(月) 今日は、詩編121篇と、コリント人への手紙 第二の3~4章を読みましょう。 第3章は「新しい契約の奉仕者」、 第4章は「土の器に納めた宝」です。 [主は御霊です。そして、主の御霊のあるところには自由が … [Read more…]

神はいつでも、私たちを導いてキリストによる勝利の行列に加え、至る所で私たちを通して、キリストを知る知識のかおりを放ってくださいます。

10月28日(日) 今日から、コリント人への手紙 第二に入ります。 今日は、詩編120篇と、コリント人への手紙 第二の1~2章を読みましょう。 1~9章は「和解の手紙」です。 第1章は、「挨拶」に始まり、「苦難と感謝」、 … [Read more…]

しかし、今やキリストは、眠った者の初穂として死者の中からよみがえられました。

10月27日(土) 今日は、詩編119篇と、コリント人への手紙 第一の15~16章を読みましょう。 宗教とか信仰とかに全く関心のない人、また無神論者には、聖霊とか、私たちのうちにある霊とか言っても、架空のことのように思え … [Read more…]

神は真実な方ですから、あなたがたを耐えることのできないような試練に会わせるようなことはなさいません。むしろ、耐えることのできるように、試練とともに、脱出の道も備えてくださいます。

10月25日(木) 今日は、詩編117篇と、コリント人への手紙 第一の9~11章を読みましょう。 第8章に続き、第9章は「偶像への供え物の問題」のうち2つの問題です。 ●使徒の自由 ●偶像に備えた肉に関する諸問題 [あな … [Read more…]