神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。それは御子を信じる者が、ひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。

1月16日(木) 今日はヨハネによる福音書3~4章を読みましょう。 3章は「イエスとニコデモ」の話です。 [神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。それは御子を信じる者が、ひとりとして滅びることなく … [Read more…]

初めに、ことばがあった。ことばは神とともにあった。ことばは神であった。

1月15日(水) 一月ももう半ばになりました。 今日から、ヨハネによる福音書を読みましょう。 マタイによる福音書とは、少しおもむきが異なります。しかし、イエス・キリストの【教え】と【なされたこと】が書いてあるという点にお … [Read more…]

恐れてはいけません。あなたがたが十字架につけられたイエスを捜しているのを、私は知っています。ここにはおられません。前から言っておられたように、よみがえられたからです。

1月14日(火) 今日は、マタイの福音書27~28章を読みましょう。 今日でマタイはおしまいです。 【合法的に死刑にするために。】マタ:27:1,2,24 ローマ帝国の属領に過ぎないユダヤ地方で、ユダヤ人が勝手に死刑を執 … [Read more…]

さて、イエスがベタニヤで、らい病人シモンの家におられると、ひとりの女がたいへん高価な香油のはいった石膏のつぼを持ってみもとに来て、食卓に着いておられたイエスの頭に香油を注いだ。

1月13日(月) 成人の日、おめでとうございます。 この日を迎えられた喜びに感謝して、主と共に歩んでいただきたいと思います。 今日は、マタイの福音書25~26章を読みましょう。 【イエス・キリストに反対した人々】 イエス … [Read more…]

だれでも、自分を高くする者は低くされ、自分を低くする者は高くされます。

1月12日(日) 今日は、マタイの福音書23~24章を読みましょう。 【イエス・キリストに反対した人々】 ローマ大帝国の中のユダヤ地方は、他の地域に比べると変わった地方でした。外面的にはローマから派遣されてきた総督やロー … [Read more…]

『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ。』これがたいせつな第一の戒めです。あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ。』という第二の戒めも、それと同じようにたいせつです。

1月11日(土) もう土曜日! そしてまた、連休! リズムが戻るのが難しいですね。でも、聖書通読は毎日リズムよくいたしましょう! 今日は、マタイの福音書21~22章を読みましょう。 【エルサレムで迎える最後の日々】 エル … [Read more…]

このように、あとの者が先になり、先の者があとになるものです。

1月10日(金) 今日は、マタイの福音書19~20章を読みましょう。 イエス・キリストはエルサレムへの途上でさらに教えをします。 【離縁について教えます。】 [『それゆえ、人はその父と母を離れて、その妻と結ばれ、ふたりの … [Read more…]

イエスは言われた。「わたしは、よみがえりです。いのちです。わたしを信じる者は、死んでも生きるのです。

1月20日(月) 今日はヨハネによる福音書11~12章を読みましょう。 「私は死んだらどうなるのでしょうか。」これは。誰もが持つ心の中の問いです。そして、誰もこれに答えることはできません。証明できないからです。もし、これ … [Read more…]

見よ、光り輝く雲がその人々を包み、そして、雲の中から、「これは、わたしの愛する子、わたしはこれを喜ぶ。彼の言うことを聞きなさい。」という声がした。

1月9日(木) 今日は、マタイの福音書17~18章を読みましょう。 イエスの姿が弟子たち三人の見ている前で神々しく光り輝き、モーセとエリヤが現れるという、神々しい出来事が起こりました。 イエスが彼らと語り合ったのは、旧約 … [Read more…]

だれでもわたしについて来たいと思うなら、自分を捨て、自分の十字架を負い、そしてわたしについて来なさい。

1月8日(水) 冷たい雨が降り続いています。 あったかい栄養のあるものをお腹に入れて、乗り切りましょう! 九州・沖縄地方はあったかいみたいですね。 今日は、マタイの福音書15~16章を読みましょう。 イエス・キリストの教 … [Read more…]