2月15日(土)

今日は、創世記21章から24章を読みましょう。

24章は少々長いですが、「世界で最も美しい結婚物語」ですので、楽しく読めると思います。

さて、創世記の後半は、アブラハムの子イサクと孫のヤコブの物語です。

ヤコブ(イスラエル)とその子たちが、なぜエジプトに行くことになったかということが書いてあります。

人は罪人ですが、誠実な神は、アブラハムに対して立てられた「祝福の約束」を果たそうとします。

「わたしは確かにあなたを大いに祝福し、あなたの子孫を、空の星、海辺の砂のように数多く増し加えよう。そしてあなたの子孫は、その敵の門を勝ち取るであろう。

あなたの子孫によって、地のすべての国々は祝福を受けるようになる。あなたがわたしの声に聞き従ったからである。」

創世記22:17,18

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA