2月7日(金)

今日は、使徒の働き(使徒言行録)24章、25章を読みましょう。

まるで、政治犯のように訴えられるパウロです。

「しかし、私は、彼らが異端と呼んでいるこの道に従って、私たちの先祖の神に仕えていることを、閣下の前で承認いたします。

私は、律法にかなうことと、預言者たちが書いていることとを全部信じています。

また、義人も悪人も必ず復活するという、この人たち自身も抱いている望みを、神にあって抱いております。

そのために、私はいつも、神の前にも人の前にも責められることのない良心を保つように、と最善を尽くしています。」

使徒24:14~16

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA