9月4日(水)
今日は詩編67篇と、ヨエル書3~4章を読みましょう。

[その後、わたしは、わたしの霊をすべての人に注ぐ。あなたがたの息子や娘は預言し、年寄りは夢を見、若い男は幻を見る。その日、わたしは、しもべにも、はしためにも、わたしの霊を注ぐ。わたしは天と地に、不思議なしるしを現わす。血と火と煙の柱である。主の大いなる恐るべき日が来る前に、太陽はやみとなり、月は血に変わる。しかし、主の名を呼ぶ者はみな救われる。主が仰せられたように、シオンの山、エルサレムに、のがれる者があるからだ。その生き残った者のうちに、主が呼ばれる者がいる。]
(ヨエル書 新改訳2:28~32 / 新共同訳3:1~5)

この聖句を読むと、だんだん新約聖書に近づいてくることを感じます。ヨエルは具体的にどのような霊が、どのように下るかを知らなかったと思います。しかし「すべての人に下る」という預言は、イスラエルの民だけではなく、全人類の救いを語っています。アブラハムに立てられた、あの約束が近づいています。もちろんこの預言は、ペンテコステ(使徒2:1~13)において成就しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA