4月9日(火)

今日は士師記9~12章まで読みましょう。

今日の通読箇所には、次のような士師が出てきます。

(6)トラ 士師記10:1,2

(7)ヤイル 士師記10:3~5

(8)エフタ (エフタは動物の生贄ではなく、人を生贄として誓願を立てた。それがまさか自分の一人娘とは夢にも考えていなかった。)士師記11:1~12:7 

(9)イブツァン 士師記12:8~15

(10)エロン 士師記12:8~15

(11)アブドン 士師記12:8~15

9章の「アビメレクの過ち」では、

アビメレクが自分の兄弟七十人を皆殺しにした時に、

難を逃れ一人生き残った末子、ヨタムは、寓話を持って人々に警告をします。それは、

木々がオリーブ、いちじく、ぶどうなどカナンの主要産物(申命記8:8)に向かって王になってほしいと頼みますが、自分本来の務めではないと断られ、やむなくいばらに頼むという寓話です。強烈な批判と警告です。

「エフタが、ミツパの自分の家に来たとき、なんと、自分の娘が、タンバリンを鳴らし、踊りながら迎えに出て来ているではないか。彼女はひとり子であって、エフタには彼女のほかに、男の子も女の子もなかった。」

士師記11:34

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA