1月10日(木)

ここ、東京の中央区あたりでは、スーツ姿の人々が団体で、年始のご挨拶回りをしている姿が見られます。日本らしい良い習慣ですね。

今日は、マタイの福音書19~20章を読みましょう。

イエス・キリストはエルサレムへの途上でさらに教えをします。
【離縁について教えます。】
[『それゆえ、人はその父と母を離れて、その妻と結ばれ、ふたりの者が一心同体になるのだ。』と言われたのです。それを、あなたがたは読んだことがないのですか。それで、もはやふたりではなく、ひとりなのです。こういうわけで、人は、神が結び合わせたものを引き離してはなりません。」]
(マタイ19:5~6)

【子供を祝福します。】
[しかし、イエスは言われた。「子どもたちを許してやりなさい。邪魔をしないでわたしのところに来させなさい。天の御国はこのような者たちの国なのです。」そして、手を彼らの上に置いてから、そこを去って行かれた。]
(マタイ19:14~15)

【金持ちの青年】
「イエスは、彼に言われた。「もし、あなたが完全になりたいなら、帰って、あなたの持ち物を売り払って貧しい人たちに与えなさい。そうすれば、あなたは天に宝を積むことになります。そのうえで、わたしについて来なさい。」
(マタイ19:21)

【ぶどう園の功労者のたとえ】
[このように、あとの者が先になり、先の者があとになるものです。]
(マタイ20:16)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA