1月8日(火)

木枯らしぴゅーぴゅー!
寒いですね。あったかい栄養のあるものをお腹に入れて、乗り切りましょう!
もちろん神様の栄養(聖書のみことば)を絶えず携えましょう!

今日は、マタイの福音書15~16章を読みましょう。

イエス・キリストの教えや、行ったことはよくわかりますが、ただ、最後までわかりにくい一つのことがありました。
それは、イエス・キリストが自分の死について予告し(マタイ16章と20章)、そのことにこだわりました。なぜでしょうか。そこにイエス・キリストの目的がありました。
読んでいてわからない箇所もあると思いますが、将来わかることを楽しみに、どんどん読み進んでください。

[そのとき、イエスは、ご自分がキリストであることをだれにも言ってはならない、と弟子たちを戒められた。その時から、イエス・キリストは、ご自分がエルサレムに行って、長老、祭司長、律法学者たちから多くの苦しみを受け、殺され、そして三日目によみがえらなければならないことを弟子たちに示し始められた。するとペテロは、イエスを引き寄せて、いさめ始めた。「主よ。神の御恵みがありますように。そんなことが、あなたに起こるはずはありません。」しかし、イエスは振り向いて、ペテロに言われた。「下がれ。サタン。あなたはわたしの邪魔をするものだ。あなたは神のことを思わないで、人のことを思っている。」それから、イエスは弟子たちに言われた。「だれでもわたしについて来たいと思うなら、自分を捨て、自分の十字架を負い、そしてわたしについて来なさい。]
(マタイ16:20~24)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA