1月7日(月)

今日から3学期が始まる学生さんや、仕事始めの方もおられますね。
新年の始まりが、喜びに満ちたものとなりますようにお祈りいたします。

今日は、マタイの福音書13~14章を読みましょう。

【イエス・キリストはたとえで話される】

[イエスは、これらのことをみな、たとえで群衆に話され、たとえを使わずには何もお話しにならなかった。それは、預言者を通して言われた事が成就するためであった。「わたしはたとえ話をもって口を開き、世の初めから隠されていることどもを物語ろう。」]
(マタイ13:35~36)

《種を蒔く人のたとえ》(マタイ13:1~9)

《毒麦のたとえ》(マタイ13:24~30)

《からし種とパン種のたとえ》(マタイ13:31~33)

《天の国のたとえ》(マタイ13:44~50)

【イエス・キリストのいやし・奇跡】

《五千人の給食》(マタイ14:13~21)

《湖の上を歩く》(マタイ14:22~33)

《ゲネサレ(ゲネサレト)で病人をいやす》(マタイ14:34~36)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA