11月30日(金)

今日はヘブライ(ヘブル)人への手紙の10章を読みましょう。

ヘブライ(ヘブル)人への手紙10:19から終わりまでは、今までの議論に立ち、しっかり信仰を持ち続けていこうとすすめています。このお終わりのおすすめの部分には珠玉の聖句が、この後の章にもいくつもあります。順次ご紹介いたしましょう。

[キリストは聖なるものとされる人々を、一つのささげ物によって、永遠に全うされたのです。]
(ヘブ10:14)

[「わたしは、もはや決して彼らの罪と不法とを思い出すことはしない。」
これらのことが赦されるところでは、罪のためのささげ物はもはや無用です。こういうわけですから、兄弟たち。私たちは、イエスの血によって、大胆にまことの聖所にはいることができるのです。イエスはご自分の肉体という垂れ幕を通して、私たちのためにこの新しい生ける道を設けてくださったのです。また、私たちには、神の家をつかさどる、この偉大な祭司があります。そのようなわけで、私たちは、心に血の注ぎを受けて邪悪な良心をきよめられ、からだをきよい水で洗われたのですから、全き信仰をもって、真心から神に近づこうではありませんか。]
(ヘブ10:17~22)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA