1月20日、もう土曜日!早いですね。

今日はヨハネの福音書9章、10章を読みましょう。

栄光の神が人となったお方、イエス・キリストは、

私たちが受ける屈辱の中で、最もひどい屈辱を受け、

私たちが経験する苦しみの中で、最も大きな苦しみを受けました。

キリストは言います。

「わたしはあなたの屈辱も苦しみも、よくわかります。

わたしはあなたと共にいます。」

キリストは、苦しみ、悲しむ者の友となるため、十字架の上で死なれたのです。

十字架の目的のその三は、「私たちの重荷を共に背負ってくださる」ということです。

 

「わたしは門です。だれでも、わたしを通ってはいるなら、救われます。

また安らかに出入りし、牧草を見つけます。

盗人が来るのは、ただ盗んだり、殺したり、滅ぼしたりするだけのためです。

わたしが来たのは、羊がいのちを得、またそれを豊かに持つためです。

わたしは、良い牧者です。良い牧者は羊のためにいのちを捨てます。」

ヨハネ10:9~11

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA