1月16日

みなさま、マタイの福音書は読み終えましたか?

予定通り読むことができたとの嬉しい報告をいただきました。

さて、今日からは、ヨハネの福音書1章、2章を読みましょう。

聖書の核心はイエス・キリストの十字架(死と復活)です。

旧約聖書は、そのそびえ立つ山に向かって書かれています。

その頂上について細かく説明しているのが、新約聖書です。

十字架という窓を通して聖書全体を見るように読みましょう。

 

「初めに、ことばがあった。ことばは神とともにあった。ことばは神であった。

この方は、初めに神とともにおられた。

すべてのものは、この方によって造られた。造られたもので、この方によらずにできたものは一つもない。

この方にいのちがあった。このいのちは人の光であった。

光はやみの中に輝いている。やみはこれに打ち勝たなかった。」

ヨハネ1:1~5

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA