1月15日、今日でマタイは最後です。

マタイ27章、28章を読みましょう。

イエス・キリストが殺されたのは、過越の祭という、

ユダヤ人にとって一番大きな宗教祭日の期間でした。

神であり、人となったお方は、金曜日の午後三時に、

あたかも犠牲の小羊のように十字架上で肉体を裂かれ、

血を流して静かに殺されてゆきました。

そして、墓に葬られたイエスは日曜日の早朝、復活の姿を現されました。

十字架の死も事実。復活も事実。

この驚くべき事実をありのままに記録、証言されているのが福音書です。

明日からは、別な角度から書かれた、ヨハネの福音書に進みましょう!

 

「この方はまことに神の子であった。」

マタイ27:54

「イエスは近づいて来て、彼らにこう言われた。

「わたしには天においても、地においても、いっさいの権威が与えられています。

それゆえ、あなたがたは行って、あらゆる国の人々を弟子としなさい。

そして、父、子、聖霊の御名によってバプテスマを授け、

また、わたしがあなたがたに命じておいたすべてのことを守るように、彼らを教えなさい。

見よ。わたしは、世の終わりまで、いつも、あなたがたとともにいます。」

マタイ28:18〜20

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA