今日は1月14日、日曜日。

さて、聖書通読も第3週に入ってきました。

今日は、マタイ福音書26章を読みましょう。

イエスの説教は、一般の人にとっては、

慰めに満ちたわかりやすいものでした。

また、イエスは多くの病人をいやしました。

それで、一般のユダヤ人には歓迎され、尊敬されていました。

反対していたのはおもに宗教指導者でした。

それで、一般の人々のいない夜の間に、イエスは逮捕されました。

 

「彼らが食事をしているとき、イエスはパンを取り、祝福して後、これを裂き、弟子たちに与えて言われた。

『取って食べなさい。これはわたしのからだです。』

また杯を取り、感謝をささげて後、こう言って彼らにお与えになった。

『みな、この杯から飲みなさい。 これは、わたしの契約の血です。罪を赦すために多くの人のために流されるものです。』

マタイ26:26〜28

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA