キリストが律法を終わらせられたので、信じる人はみな義と認められるのです。

10月18日(木) 今日は、詩編110篇と、ローマ人への手紙9~10章を読みましょう。 [兄弟たち。私が心の望みとし、また彼らのために神に願い求めているのは、彼らの救われることです。私は、彼らが神に対して熱心であることを … [Read more…]

御霊ご自身が、言いようもない深いうめきによって、私たちのためにとりなしてくださいます。

10月17日(水) 今日は、詩編109篇と、ローマ人への手紙7~8章を読みましょう。 [神の御霊に導かれる人は、だれでも神の子どもです。あなたがたは、人を再び恐怖に陥れるような、奴隷の霊を受けたのではなく、子としてくださ … [Read more…]

罪から来る報酬は死です。しかし、神の下さる賜物は、私たちの主キリスト・イエスにある永遠のいのちです。

10月16日(火) 今日は、詩編108篇と、ローマ人への手紙5~6章を読みましょう。 [ですから、信仰によって義と認められた私たちは、私たちの主イエス・キリストによって、神との平和を持っています。またキリストによって、い … [Read more…]

ただ、神の恵みにより、キリスト・イエスによる贖いのゆえに、価なしに義と認められるのです。

10月15日(月) 今日は、詩編107篇と、ローマ人への手紙3~4章を読みましょう。 「全ての人は生まれながらにして罪人だから、誰一人そのままでは救われない。」 というのを旧約聖書を自由に引用して、生まれながらの人間の罪 … [Read more…]

そのとき、人々は、人の子が力と輝かしい栄光を帯びて雲に乗って来るのを見るのです。

10月12日(金) 今日は、詩編104篇と、ルカの福音書21~22章を読みましょう。 キリストの再臨は、言葉で表現できることではありませんから、初めて読む人にとっては、恐ろしいことのように感じられrかもしれません。しかし … [Read more…]

祝福あれ。主の御名によって来られる王に。天には平和。栄光は、いと高き所に。

10月11日(木) 今日は、詩編103篇と、ルカの福音書19~20章を読みましょう。 【取税人ザアカイ】ルカ19:1~10 これは実際にあった話です。ザアカイは金持ちでした。しかし、人生に行き詰まり、救いを求めていました … [Read more…]

子どものように神の国を受け入れる者でなければ、決してそこに、はいることはできません。

10月10日(水) 今日は、詩編102篇と、ルカの福音書17~18章を読みましょう。 イエスは、「赦し、信仰、奉仕」について語ります。 重い皮膚病を患っている十人の人をいやします。 「神の国が来る」と語ります。 「やもめ … [Read more…]

この息子は、死んでいたのが生き返り、いなくなっていたのが見つかったのだから。

10月9日(火) 今日は、詩編101篇と、ルカの福音書15~16章を読みましょう。 放蕩息子のたとえはルカの福音書だけに書いてあります。 この大変わかりやすいたとえ話は、人生に失敗して悔やんでいる人に対する神の愛を教えて … [Read more…]