10月10日(水)

今日は、詩編102篇と、ルカの福音書17~18章を読みましょう。

イエスは、「赦し、信仰、奉仕」について語ります。

重い皮膚病を患っている十人の人をいやします。

「神の国が来る」と語ります。

「やもめと裁判官」のたとえを話します。

「パリサイ人と取税人」のたとえを話します。

金持ちの議員の話をします。

子供を祝福します。

「死と復活」を予告します。

エリコの近くで盲人をいやします。

[イエスにさわっていただこうとして、人々がその幼子たちを、みもとに連れて来た。ところが、弟子たちがそれを見てしかった。しかしイエスは、幼子たちを呼び寄せて、こう言われた。「子どもたちをわたしのところに来させなさい。止めてはいけません。神の国は、このような者たちのものです。まことに、あなたがたに告げます。子どものように神の国を受け入れる者でなければ、決してそこに、はいることはできません。」]

(ルカの福音書18:15~18)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA