10月9日(火)

今日は、詩編101篇と、ルカの福音書15~16章を読みましょう。

放蕩息子のたとえはルカの福音書だけに書いてあります。

この大変わかりやすいたとえ話は、人生に失敗して悔やんでいる人に対する神の愛を教えています。また、罪を告白してへりくだる者を神はゆるし、祝福してくださることを教えています。また、神がそのようなお方であるから、私たちもそのように地上で生活し、そのような天国に入ることを期待することを教えています。

[息子は言った。『おとうさん。私は天に対して罪を犯し、またあなたの前に罪を犯しました。もう私は、あなたの子と呼ばれる資格はありません。』ところが父親は、しもべたちに言った。『急いで一番良い着物を持って来て、この子に着せなさい。それから、手に指輪をはめさせ、足にくつをはかせなさい。そして肥えた子牛を引いて来てほふりなさい。食べて祝おうではないか。この息子は、死んでいたのが生き返り、いなくなっていたのが見つかったのだから。』そして彼らは祝宴を始めた。]

(ルカの福音書15:21~24)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA