9月7日(金)

なんと言うことでしょう!北海道で震度7なんて!

日常の生活から、ありえないことが目の前に現実として起こっています。

ある日、実りを迎えた畑に突然山が押し寄せます。

ある日、生活の場に海が押し寄せます。

テレビでは毎日のように、何らか破壊された町や村が映っています。

被災された方の生活は一変してしまったことでしょう。

祈らせていただきます。

祈りつつ、今日は詩編69篇と、アモス書4~6章を読みましょう。

南北分裂後、北王国は一時非常に栄えました。首都サマリヤも、そこにあるバジャン地方も栄え、婦人たちも酒に酔い堕落しました。

[聞け。このことばを。サマリヤの山にいるバシャンの雌牛ども。彼女らは弱い者たちをしいたげ、貧しい者たちを迫害し、自分の主人たちに、「何か持って来て、飲ませよ。」と言う。]

(アモス書4:1)

[天と地は、主をほめたたえよ。海とその中に動くすべてのものも。まことに神がシオンを救い、ユダの町々を建てられる。こうして彼らはそこに住み、そこを自分たちの所有とする。主のしもべの子孫はその地を受け継ぎ、御名を愛する者たちはそこに住みつこう。]

(詩篇69:34~36)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA