8月5日(日)

今日から聖書通読は32週に入ります。

暑さもピークですが、聖書通読難易度も今がピークです。

今日は詩編36篇と、エレミヤ書34~37章を読みましょう。

エレミヤは、若い時に預言者として召され、かなり高齢まで生きて使命を果たしました。彼がいつどこで死んだかは不明ですが、エジプトで天に召されたかも知れません。

動乱の時代に、最後の最後まで、神に与えられた言葉を語り通したエレミヤは、すごい預言者だったと思いませんか。神を信頼して生きるものは、たとえ国が滅んでも、神だけは残る、というような、唯一の全能の神への揺るぎない信仰を、神は私たちに求めておられます。

[首長たちはエレミヤに向かって激しく怒り、彼を打ちたたき、書記ヨナタンの家にある牢屋に入れた。そこを獄屋にしていたからである。エレミヤは丸天井の地下牢に入れられ、長い間そこにいた。]

(エレミヤ37:15~16)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA