8月3日(金)

熱したフライパンの上を歩いているような日々ですが、みなさま本当に熱中症にはご注意ください。

今日は詩編34篇と、エレミヤ書28~30章を読みましょう。

南王国ユダの人々(イスラエル人)は、必ずエルサレムに帰ってくることができると預言します。これがエレミヤ書の一つの特徴です。

[見よ。その日が来る。――主の御告げ。――その日、わたしは、わたしの民イスラエルとユダの捕われ人を帰らせると、主は言う。わたしは彼らをその先祖たちに与えた地に帰らせる。彼らはそれを所有する。」]

(エレミヤ30:3)

[見よ。わたしは彼らを北の国から連れ出し、地の果てから彼らを集める。その中にはめしいも足なえも、妊婦も産婦も共にいる。彼らは大集団をなして、ここに帰る。]

(エレミヤ31:8)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA