5月13日、日曜日。
今日から、第20週に入ります。
すっかり、聖書通読が毎日のルーティンになったと思います。

今日から歴代誌上に入ります。1~4章を読みましょう。

ようやく旧約聖書の第一部「歴史」の最終部に入ります。と言っても、実は、今まで読んできた歴史の後半、すなわち、ダビデ以降のことにおかれています。
また、バビロン捕囚のその後のことが出てきます。
それは、エズラ記やネヘミヤ記に出て来ます。これらは全て一連の書物です。ですから歴代誌上下、エズラ記、ネヘミヤ記を一冊の本よ読むつもりで続けて読みましょう。
また、同じ時代の興味深いエピソードである「エステル記」を読みましょう。

アダムに始まり、ダビデまでの長い歴史を系図だけで片付けています。
イスラエル十二部族の系図を示すのに、なぜユダ族を最初に持ってきたのでしょうか。それは、後に出てくるダビデ王が、このユダ族の出身ですから、その布石と思われます。
そして、イエス・キリストの父ヨセフもユダ族の子孫に当たります。

アダム、セツ、エノシュ、
(歴代誌上1:1)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA