4月16日
今日は、サムエル記第一の5~8章を読みましょう。

強敵ペリステに対抗するため、イスラエルの民は、統一国家と王を求めました。
この世の王が、はたして、本当の平和をもたらすでしょうか。
結果は、これからの歴史が明らかにしてくれます。

「主はサムエルに仰せられた。『彼らの言うことを聞き、彼らにひとりの王を立てよ。」そこで、サムエルはイスラエルの人々に、「おのおの自分の町に帰りなさい。』と言った。」
サムエル記 第一 8:27

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA