3月12日
今日は、レビ記22~24章を読みましょう。

「モーセ律法」は現在でも守られるべきでしょうか。
イエス・キリストはマタイ5:17~20(ガラテヤ3:24,25)で、律法は捨てないように教えています。

隣人を愛すること(レビ19:18)
貧しい者らのために収穫の落ち穂を残しておくように(レビ 23:22)
などは、神のあわれみを示し、隣人への愛を表す律法です。

「あなたがたの土地の収穫を刈り入れるとき、あなたは刈るときに、畑の隅まで刈ってはならない。あなたの収穫の落ち穂も集めてはならない。貧しい者と在留異国人のために、それらを残しておかなければならない。わたしはあなたがたの神、主である。」
レビ記 23:22

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA