3月7日
今日は、レビ記5~8章を読みましょう。

ユダヤ教のラビ(教師)の伝統的な方法によると、合計613もの律法になるそうです。
それは、太陽暦の一年に当たる365の「〜してはならないという禁止律法と、
人体の骨の数に当たる248の「〜しなさい」という肯定律法と合わせて、
613と数えられているそうです。

「あなたがたは会見の天幕の入口の所で、七日の間、昼も夜もとどまり、主の戒めを守らなければならない。死なないためである。私はそのように命じられたのである。」
こうしてアロンとその子らは、主がモーセを通して命じられたことを残らず行った。」
レビ記8:35,36

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA