3月5日
今日で出エジプト記は終わりです。
36章から40章を一気に読みましょう。

臨在の幕屋建設や、祭服などの一切の作業が定められた通りに完了しました。

「モーセは臨在の幕屋に入ることができなかった。雲がその上にとどまり、主の栄光が幕屋に満ちていたからである。 雲が幕屋を離れて昇ると、イスラエルの人々は出発した。旅路にあるときはいつもそうした。雲が離れて昇らないときは、離れて昇る日まで、彼らは出発しなかった。 旅路にあるときはいつも、昼は主の雲が幕屋の上にあり、夜は雲の中に火が現れて、イスラエルの家のすべての人に見えたからである。」
出エジプト記50:35~38

明日からは、「レビ記」に入ります。
「聖書通読難易度マップ」のイラストを見れば、これから少し高い山に登ります。
お互い励まし合いながら、登りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA