2月10日
今日は、使徒の働き(使徒言行録)28章を読みましょう。
今日で使徒は終わりです。
お疲れさまでした。

いよいよ、旧約聖書に入ります。
創世記から始まって、マラキ書が終わるのは9月22日になります。
寒い寒いと言っている時から、春が来て花が咲いて、暑い暑い夏が来て、ちょっと涼しい風が吹く頃です。

神がひとり子をお与えになったほど世を愛されたという、聖書全体のメッセージを知り、
神が送ってくださった聖霊に導かれて、日々、聖霊の臨在の中を生きましょう。

この聖書通読の志を起こさせてくださったのも聖霊であり、
完了させてくださるのも聖霊の働きです。

「こうしてパウロは満二年の間、自費で借りた家に住み、たずねて来る人たちをみな迎えて、
大胆に、少しも妨げられることなく、神の国を宣べ伝え、主イエス・キリストのことを教えた。」
28:30,31

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA