2月9日
いよいよ、平昌冬季オリンピックが始まりましたね。
聖書通読は、毎年同じ進み方をするので、来年の今頃になると、
「ああ、去年は旧約聖書に入る頃には平昌冬季オリンピックだったなぁ」と思い出すことでしょう。

さて今日は、使徒の働き(使徒言行録)26章、27章を読みましょう。
使徒パウロのローマの旅が始まります。

明日で、使徒も終わります。
イエス・キリストの生涯は、十字架の死と復活に焦点が合わされていました。
神が人の姿を取って、この世に来られ、私たちのために十字架の上で、犠牲の死を遂げてくださいました。
これから読み始める旧約聖書も、イエス・キリストの死と復活に焦点が合わされています。

「しかし百人隊長は、パウロをあくまでも助けようと思って、その計画を押え、泳げる者がまず海に飛び込んで陸に上がるように、
それから残りの者は、板切れや、その他の、船にある物につかまって行くように命じた。こうして、彼らはみな、無事に陸に上がった。」
使徒27:43,44

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA