私の心は、うちにもだえ、死の恐怖が、私を襲っています。
恐れとおののきが私に臨み、戦慄が私を包みました。
そこで私は言いました。
「ああ、私に鳩のように翼があったなら。
そうしたら、飛び去って、休むものを。
ああ、私は遠くの方へのがれ去り、荒野の中に宿りたい。セラ
あらしとはやてを避けて、私ののがれ場に急ぎたい。」

詩篇55篇4〜8節

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA